今すぐお金を借りたい!ありとあらゆる対策方法まとめ

お金を借りたい時は消費者金融がベスト!お勧めの理由とは

消費者金融はかつてはいろいろ問題が有り敬遠する人もいますが、現在大手は上場も果たし、安心して利用出来る金融機関に成長しました。したがって特に敬遠する必要はりません。

消費者金融のキャッシングローンは銀行よりも金利は高いですが、そもそも現在では法規上の最高金利が低いため利用方法を工夫すればそれほど不利ではありません。

消費者金融の場合銀行よりも審査が緩く多くの人が利用できます。ただし総量規制が有るためすでに他の借り入れが有る場合などは大きな借入れはできません。

また小規模業者の場合、非正規業者とも区別がつきにくく、利用する場合には注意し、誤って非正規業者を利用しないようにしてください。

消費者金融は敬遠する必要は無い!上手に利用することを考えよう

消費者金融は銀行のカードローンよりも早くカードを用いたキャッシングローンを始めていました。またカードを利用できないような中小の消費者金融も申込み後短時間のうちに振込みを行うような仕掛けでキャッシングを提供しています。

ただし消費者金融の場合、預金を預かっているわけではありませんから、貸出金利は銀行ほど低くはでず、金利の点で銀行のカードローンよりも不利になってしまいます。

しかし問題は金利というよりも利息であって、利息は金利だけで決まるわけでは無いため利用方法によっては、銀行に劣らず有利に使用することもできます。

消費者金融のキャッシングローンの利用限度額と金利

消費者金融は以前はサラ金と呼ばれ高い金利で融資を行い、返済できなくなると厳しい取り立てを行うという手法で回収していたため、すっかり悪いイメージができてしまい、消費者金融の歴史はこのイメージの払拭の歴史です。

消費者金融というのは当初は多かれ少なかれ裏社会に繋がっている部分が有って、回収担当というのはこういった裏社会の人たちが出てくることが有ったのです。

しかし大手消費者金融の場合、既に軒並み上場を果たしており、上場時にこういった裏社会とは完全に関係が切れています。

しかも現在では殆どが銀行の傘下に入っており、おかしなことをすれば銀行の名前にも傷がつくことになりますから、もはやかつてのサラ金とは全く別の優良金融機関と考えることができます。

そこで消費者金融のキャッシングローンを調べる為、まず最大利用限度額と金利を調べてみましょう。比較のためにみずほ銀行を併記しておきます。

キャッシングローン 最大利用限度額 金利(実質年率)
プロミス 500万円 4.5%~17.8%
アイフル 500万円 4.5%~18.0%
アコム 800万円 3.0%~18.0%
モビット 800万円 3.0%~18.0%
みずほ銀行カードローン コンフォートプラン 1000万円 3.5%~14.0%

最初の借入の段階ではそれほど高額の融資はされず、適用される金利は最高金利になるのが普通です。そこで最高金利で比較すると消費者金融はほぼ18.0%でほとんど違いが無いことが分ります。

銀行よりも金利は高い

銀行と比較するとだいたい4%程度高い設定になります。銀行の場合基本的には預金を預かってそれを融資するということになりますから預金金利よりも貸出金利が高ければ儲けが出ます。

しかし消費者金融は預金はありませんので銀行から融資を受けたお金を利用者に貸し出すことになるため、銀行の貸出金利よりも高い金利を設定しなければ儲けが出ません。

このため消費者金融ではなかなか銀行よりも金利を下げるというような事ができない訳です。

利息は金利だけでは決まらない上手な利用の仕方とは

このため消費者金融で借入れをすることは利息で損をすると考える人がいるわけです。確かに高い金利で同じ借り方をしていれば消費者金融のほうが銀行よりも利息は高くなります。

しかし現在の利息というのは法的に20%が上限になっており、以前のように大きな差が出てくるほど高い金利は付けられないのです。差が4%程であれば利用方法によってはそれほどの差になって現れる訳ではないのです。

利息は次の式で計算することができます。

利息 = 元本 × 金利(年利) × 借入期間(年換算)

そこで、この式で100万円を1か月借りるときの利息を計算してみましょう。

銀行の場合
利息 = 100万円×14.0%×30日/365日 ≒ 11507
消費者金融の場合
利息 = 100万円×18.0%×30日/365日 ≒ 14795

利息の差 = 14795 - 11507 = 3288

つまり金利4%の差で一か月間借入れした時の差は3288円ということです。この差が大きいかどうかは利用者次第です。

しかもこれは100万円借りた時です。通常の利用はせいぜい10万円以内でしょうから、利息の差は百円単位ということになります。

また、さらに差を縮めることも可能です。利息の計算式を見てください。利息は金利だけで決まるわけではありません。借入れ期間にも同じように依存しています。

したがって、借入れ後返済日を待つのではなくて、返済するお金ができたところで、返済してしまえば更に借入期間が短縮され、差は縮まって行きます。

例えば15日間の借り入れになれば利息は半分になるのです。

つまり返済を工夫することによって消費者金融から借りたとしても損失と言えるほど影響を出なくすることが可能なのです。

要は利用者の使い方次第です。

こういったことに注意できれば消費者金融も意外にお勧めできる金融機関と考えることができるでしょう。

【関連記事】
お金を借りたい…初心者にも安全な大手消費者金融がおすすめ

消費者金融のメリットとデメリット?注意が必要な場合も有ります

消費者金融のキャッシングローンにもメリットとデメリットがあるため、利用する場合にはこれ等の点について理解しておく必要が有ります。

消費者金融のメリットとしては銀行よりも審査が緩いと言われ銀行が利用できない人の受け皿になると考えられることです。しかし消費者金融にも審査はあるため、誰でも通るわけではなく注意が必要なのは言うまでも有りません。

デメリットとしては総量規制があることで、法的に借入れ上限が決められ、例えば他でも借入れしているような場合には、それほど大きな金額は借入れ出来なくなっている可能性も有ります。

また中小の消費者金融の中には未だに昔の体質を残しているところも有って返済が滞ると厳しく取り立てを行うような場合も有ります。

消費者金融は審査が緩いというのは本当か

一般的に言われることですが金融機関のローン審査の難易度は次のようになっています。

金融機関 ローン審査の難易度
銀行
大手消費者金融
中小消費者金融

このため消費者金融は銀行よりも審査が緩いと言われているわけです。

確かに現在大手消費者金融は一部を除いて銀行の系列化が進み銀行で借りられないような場合、系列の消費者金融から借入れするように勧められるようなことも有ります。

しかしこれは一般的な傾向ということができ、消費者金融の審査に落ちたのに銀行からは借入れできたというようなケースも珍しいことではありません。

審査というのは各金融機関の審査基準によって行われますが、審査に通りやすいかどうかは、自分の状況とこの審査基準の相性に左右されます。

したがって相性の合ったところであれば厳しいと言われるような金融機関でも通るはずですし、相性の悪い審査基準の場合にはどんなに緩い審査だと言われる場合でも通らない可能性が有るのです。

要するに一般的な傾向として消費者金融の審査は銀行に比べれば緩いと言え、これがメリットと言えるかもしれませんが、それが自分の申込時にも当てはまるかどうかは、実際申込んでみなければ分らないということです。

総量規制で借入れできないことも有る

消費者金融のキャシングローンでは総量規制と言う規制がかかります。総量規制は貸金業法に規定されている規制で貸金業者が融資できるのは年収の3分の1までという規制です。

正確には例外規定が有って年収が足りなくても1社あたり50万円まで、他社も合計して100万円までは融資しても良いことになっています。

したがって例えば年収が300万円だったとすると融資は100万円までとなり、すでにどこかの業者で100万円の借入れ枠を持っていた場合には、その分で総量規制の枠を使い果たしていますので、もう借入れはできません。

この総量規制は貸金業法の規定ですから、銀行には適用されません。したがって総量規制は消費者金融のデメリットということができるでしょう。

ただし借入れの歯止めと考えれば消費者金融のメリットと言っても良いかもしれません。

貸金業法
サラ金と呼ばれていた頃の問題を規制するために作られた法律で、何度か改正を繰り返すことで、次第に厳しい規制が加えられるようになり、前回の改正では総量規制やグレーゾーン金利の撤廃などが行われました。

総量規制では、それまで資産状況によっては収入が無くても融資できていたものを、収入が無ければ大きなお金は貸せないようになりました。

またグレーゾーン金利の撤廃で、上限金利は20%までに抑えられてしまい、リスクの高い人には融資できなくなりました。

これ等の規制のため消費者金融では融資条件が厳しくなり、大きな利息も取れなくなって商売が難しくなってしまい、当時有った業者はほとんどが経営に行き詰ってしまって、半数が消えていったと言われています。

大手消費者金融の多くもこの時点で提携関係にあった銀行の傘下に入って経営を安定させなければならなくなったほど、この改正は大きな影響が出ることになりました。

昔の体質を残している場合が有り中小業者には要注意

先ほど大手消費者金融は上場を果たしその時に裏社会とのつながりは完全に切れたと言いましたが、逆に言えば上場という機会のなかった中小業者の中には未だに昔の体質を残している場合が有ります。

つまり返済が順調に行っていればよいですが、返済に問題が発生した場合、ちょっと怖い回収担当が出てくる可能性が有るということです。

ただし現在では回収と言っても法的に脅迫するような取り立ては行えない事になっていますので、対応はあくまで紳士的に行われる筈です。

しかし回収担当というのは強面の人が配置されますから顔を合わせるとそれだけでビビるでしょう。もし脅迫的な取り立てが行われた場合には、すぐに警察に入ってもらって構いません。すぐに取り締まってくれるはずです。

提携関係を確認しておこう!利用できるATMはどこにあるのか

消費者金融というのは、たとえ大手であっても銀行ほどの資本力を持っているわけではありませんので、自前のATMを全国各地に配置するようなことはできません。

そこで必要になってくるのが提携金融機関を含めた利用出来るATMがどの程度あるのかの確認です。最近ではコンビニATMでの利用もできるようになってきているので多くは全国で利用が可能なはずです。

ただし提携ATMを利用する場合には手数料が発生するのが普通ですから、それの金額が大きくならないようにしなければ利息以外にさらに大きな負担がかかる事に繋がります。

消費者金融のATMはそれほど多く無い

大手消費者金融は店舗などに自前のATMを設置しており、それを利用することによって、融資を受けることが可能です。しかし問題は消費者金融のATMは数が少ないということです。

要するに大手と言っても銀行のような資本力はありませんから、そこら中にATMを設置するというような事ができない訳です。

しかも銀行であれば店舗だけでも首都圏なら電車の駅周辺には必ずと言って良いほど支店が有りますが、消費者金融の場合、ATMはおろか支店もない場合が有ります。

したがってATMを利用して融資を受けることを考える場合には消費者金融の自前のATMだけを考えていてはあまり使い勝手が良いとは言えません。

利用出来るATMのある提携金融機関を確認しておこう

そこで重要になるのが提携金融機関のATMということになります。最近ではお互いのATM網を補完しあうために銀行の提携関係が進んでいて通常どこのATMでも利用出来るようになっています。

これは消費者金融にも言えることですが、やはり提携関係が進んで多くの銀行のATMで消費者金融のカードで融資を受けることができるようになっています。

特に最近ではコンビニにもATMが設置されていますのでそのATMが利用できれば、全国どこでも利用出来るようになります。

そこで消費者金融のキャッシングローンを利用する場合には必ず利用出来る提携金融機関を確認しておいてください。

カードを作ったはいいが周囲に使えるATMが無いのでは全く意味が有りません。

提携ATMの利用には手数料が発生する

ただし、こういった提携ATMを利用する場合に注意しなければならないのが利用手数料です。通常108円、場合によっては216円の手数料が掛ってしまいます。

この金額が大きいのか小さいのか考え方は利用者の勝手ですが、判断材料として利息と比較してみましょう。

今1万円を金利18%で1週間借りることを考えてみましょう。借入れと返済をそれぞれ提携ATMで行ったとすると、2度ATMを利用することになりますから利用手数料が1回に108円として合計で216円になります。

ではこの間にかかる利息を計算してみましょう。

利息 = 1万円 × 18% × 7/365 ≒ 148

つまりこの間に掛る利息というのは148円となります。したがって利息よりも手数料のほうが高額になってしまうのです。

利用手数料はどうせ108円なのだからあまり考える必要は無いと思っている人が多いのですが、計算してみると実は利息よりも多く払っているという可能性もあるのです。

したがって提携ATMを利用する場合にはなるべく回数を減らすような使い方を考えなければなりません。利用手数料を馬鹿にしてはいけないのです。

非正規業者を利用してはいけない!小規模業者は見分けが難しい

もう一つ消費者金融を利用する上で注意しなければならないのが、非正規業者を利用してはいけないということです。街中には数多くの金融業者が有ってその中には正規登録していない違法業者も多数存在しています。

このため特に隣近所にあるような小規模な消費者金融を利用する場合には、その業者が正規業者かどうかを必ず確認して、非正規業者の罠に掛らないようにしなければなりません。

もし既に借入れしていて利用している金融業者が非正規業者の場合には、上手に対処して、被害が無いようにしてください。

近所にある金融業者が正規業者とは限らない

街中には大手消費者金融も有りますが、中小規模の貸金業者がたくさんあります。xx金融とか○○ファインンス等の名前で看板を出しているので近所にもあるかもしれません。

利用者の中には気軽さからそういった近所の貸金業者を利用しようと考える人もいます。しかしその時注意しなければならないことがあります。現在貸金業を営むには公的に登録しなければならないことになっています。

法令を遵守する業者であれば必ずこの登録をしています。しかし街中にある中小の貸金業者の中にはこの登録すらしていない業者が多数存在しています。そういった業者は非正規業者に分類されることになり、闇金と呼ばれます。

こういった闇金がどういう存在なのかは多くのドラマなどで描かれていますし、実態はさらに無法な業者です。

ですから隣近所にあるからと言って安易に利用してしまうと、厳しい取り立てなど、とんでもない事態になってしまう可能性もあるのです。

非正規業者を見分ける方法

ではこういった非正規業者を利用する前に見分ける方法は無いのでしょうか。先ほど貸金業者は登録されているということを説明しましたが、この登録情報を利用して見分ける方法を考えてみましょう。

登録情報などどうやって確認すれば良いのだという人もいるかもしれませんが、実はこの登録情報というのは、金融庁がデータベース化しており、ホームページで公開しています。

利用者は自由にこのデータベースを検索できるようになっています。データベースの検索と言っても、難しいことではなく検索エンジンを利用出来る人であれば簡単に貸金業者を検索することが可能です。

検索では利用を予定している業者について次の情報を確認して下さい。

  • 業者名
  • 代表者名
  • 登録番号
  • 電話番号
  • 所在地

これらすべての情報が一致していればその業者は正規に登録されている貸金業と考えてよいでしょう。

一つでも情報が違っていれば、その業者は非正規業者です。例えば電話番号だけが違っているという場合が有りますが、それは闇金が正規業者を装って連絡に使う電話番号だけを自分の所のものに替えているということです。

大手消費者金融の名称を使っているところはまずありませんが、かつてあった有名業者を名乗って安心させる手口は存在するので、有名業者を利用するような場合でも一応この確認は行っておくようにしましょう。

非正規業者を利用してしまっている場合の対処

もし現在貸金業者を既に利用している場合には、その業者についても同じ確認を行ってみてください。正規業者であれば、そのまま利用を続けても良いですが、もし闇金だった場合には要注意です。

ただし闇金であっても返済が続いていれば問題にはなりません。しかし返済に支障が出れば、厳しい取り立てが行われるはずです。したがってまず必要なのは返済を滞らせないことです。

そしてできれば早めに返済してしまい、その業者との関係は切ってしまう事が必要です。もし業者との間に問題が生じてしまった場合にはすぐに警察に相談して早期に問題を解決してください。

ここでお金を借りる場合、消費者金融も意外にお勧めできることについて纏めておきます。

  • 消費者金融は上手に利用すれば銀行に引けを取らずお勧めできる
  • 消費金融は審査が比較的緩いというメリットが有るが総量規制で借り入れが制限されるデメリットが有る
  • 消費者金融の自前のATMは少ないため提携ATMを確認する必要が有る
  • 小規模業者は非正規業者の可能性が有るので利用前に必ず確認が必要

消費者金融も利用方法によって銀行と同じように頼りにできる金融期間になりますから、上手に利用してください。

家族に内緒で借りたい…カードの配達時間が選べる「アイフル」

カードローンでお金を借りたいけど、周囲の人にバレたら困る…。と悩んでいる方も多いかと思います。確かにカードローンでお金を借りていることが知られると、気まずい状況になってしまいますよね。 人によっては家族にもバ...

続きを読む

安全に借りたいならプロミス!有名カードローンならではの魅力とは

大手消費者金融は様々あります。ここではSMFGグループのSMBCコンシューマーファイナンスという会社が提供している有名ブランド「プロミス」についてご紹介していきましょう。 プロミスではフリーキャッシングはもち...

続きを読む

すぐに借りたい時こそ三井住友銀行グループのSMBCモビット

カードローンを利用するなら「すぐに借りたい!」とつい焦ってしまう方も多いかと思います。でも、焦ってカードローンを利用しても良いことはありません。むしろトラブルに繋がってしまいます。 三井住友銀行グループのSM...

続きを読む

アコムで安心の借り入れ!お金を借りたいなら計画的な利用を心がけて

カードローンでお金を借りたいなら、まずは計画的な利用をすることが大切です。安全な消費者金融を選ぶことはもちろん、みなさん自身のお金の借り方も重要なポイントなんですね。 ここでは「アコム」のカードローンについて...

続きを読む

お金を借りたい…初心者にも安全な大手消費者金融がおすすめ

「お金を借りたいけど、初めてだから心配…」と不安を抱えている方も多いかと思います。ここではカードローン初心者の方でも安心して利用することができる、安全な大手消費者金融をご紹介していきましょう。 初心者のみなさ...

続きを読む
トピックス
ページトップへ